失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 14264 件
総投稿体験談 153885 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2017/03/17 15:19
プレミアムフライデーに業種差別? 風営法の壁、ロゴ使用「原則禁止」扱い 指摘受け規約修正へ

働き方改革や消費喚起をねらい、官民が推進するプレミアムフライデー。ところが、ダンスクラブやゲームセンター、バー、居酒屋など、風俗営業法に定められた各種営業の事業者は規約上ロゴマークを使用できないのではないか、という懸念が広がっています。「業種差別」とも受け取られかねない事態に、プレミアムフライデー推進協議会の事務局は規約を変更する方針です。

クラブやライブハウス、居酒屋、バーもダメ?

 プレミアムフライデー推進協議会では、プレミアムフライデーを普及させるためのロゴマークを用意しています。企業や団体が事務局に申請して認められれば、商品やイベントなどにロゴを活用できる仕組みで、公式サイトによると、これまでの申請数は5千件を超えています。

 ロゴの使用規約には、使用が禁止される例として「公序良俗に反するものに使用すること」「法令及び規則などに違反するものに使用すること」と並んで、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和 23 年法律第 122 号)第 2条に規定する営業又はその広告等に利用される場合。ただし、特に経済産業省がプレミアムフライデーの取組の活性に寄与する事を認める場合はこの限りではない」と記載されています。

 それでは、「風営法の第2条に規定される営業」とは、どんなものを指すのでしょうか。

 法律の条文には、「風俗営業」「性風俗関連特殊営業」「特定遊興飲食店営業」「(酒類提供)飲食店営業」といったカテゴリーが列挙されています。ざっくり説明すると、

 「風俗営業」にはキャバクラやパチンコ店、ゲームセンターなど

 「性風俗関連特殊営業」にはソープランドやファッションヘルスなど

 「特定遊興飲食店営業」にはダンスクラブやライブハウスなど

 「飲食店営業」にはバーや居酒屋などの酒類を提供する営業

 …が含まれます。「風俗」という言葉の響きから「性風俗」だけをイメージする人も少なくありませんが、実は風営法には娯楽やエンターテインメントにかかわる様々な業種が包括されているのです。

 プレミアムフライデーは官公庁もかかわる取り組みのため、性風俗関係が排除されるのはやむを得ないとして、クラブやライブハウス、ゲームセンター、居酒屋といった業種まで幅広く「原則NG」の扱いとなることに対しては疑問の声もあがっています。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000008-withnews-bus_all