失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 18589 件
総投稿体験談 199552 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2018/01/08 17:07
サラリーマン副業解禁時代 本業をフイにしない6つの注意点

サラリーマンの多様な働き方を後押しする流れが起きつつあるが、2018年、本格的に進みそうなのが、「副業・兼業の解禁」だ。国も、起業など社会の活性化や、第二の人生の準備につながるとして、「働き方改革実行計画」の中に副業推進を盛り込み、早々にガイドラインを作成する予定だ。

 すでに、製薬会社「ロート製薬」やソフトウェア開発会社「サイボウズ」などのように、積極的に社員の副業を認めている企業も増えてはいるが、まだ少数派といえる。

 リクルートキャリアのアンケート調査「兼業・副業に対する企業の意識調査」(2016年度)によれば、「推進派」企業はわずか0.3%で「容認派」企業は22.6%。そして、77.2%の企業が「禁止派」だ。

 なぜ、企業は社員の副業を認めようとしないのか。社会保険労務士の稲毛由佳氏がいう。

「機密情報の漏洩や、本業+副業・兼業のダブルワークによる長時間労働で社員が健康を損ねるといった万が一の事態はできる限り回避したいと考えているのです。その他、風俗関連などの違法な仕事に就いて、会社の名誉や信用を損なう行為があっては困るという理由もあります。

 もちろん、実害を被るような副業は問題ですが、そうでなければ、労働時間以外の時間をどのように使用するかは、基本的には労働者の自由──というのが司法の考え方でもあります。憲法には『職業選択の自由』も定められていますからね」

 いずれにせよ、昨年11月に公表したガイドライン案では、会社の判断で副業を拒否することが可能な「許可制」から、手続きさえ踏めば自由に副業ができる「届出制」へとハードルを下げることを求めている。


  ※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180108-00000004-pseven-bus_all