失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 17034 件
総投稿体験談 183666 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2018/02/11 13:18
カジノで客寄せする日本に品格はあるのか

 日本にもカジノができるそうです。

 「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」という法律が可決・成立したのは2016年末でした。通称は「IR法案」。IR(Integrated Resort)、すなわち、カジノを中心に宿泊施設、会議施設、テーマパーク、商業施設などを一体的に整備する統合型リゾートの設立を推進する基本法です。日本で禁じられてきたカジノの解禁につながることから「カジノ法」「カジノ解禁法」「カジノ推進法」などとも呼ばれています。

■ 「日本はギャンブル依存症の先進国」

 このIRの「実施」法案の成立に向け、今国会でギャンブル依存症対策が審議される予定です。これについて、1月末にNHKの「日曜討論会」で各党の政策責任者がそれぞれの立場を表明していました。

 推進の中心にある自民党は、「観光先進国になろうという中で、日本に世界中から訪れる魅力を持った拠点をつくる」と強い決意を述べています。

 公明党は、「推進法が成立した以上、どのように実効性あるものにしていくかが大事」と自民党に協調しながらも、「ギャンブル依存症対策をしっかりするのが大前提だが、対策ができたからそれでいいというわけでもない」と慎重な姿勢を見せています。

 「減っていく人口を補うとき、外国人観光客は重要な役割を果たす」とガンガン後押しするのは維新。

 「日本型IRは可能性がある」として好意的な希望の党は、一方で「政府のギャンブル依存症対策予算は不十分」とチクリ。

 これに対し、真っ向から反対の意向を表明しているのが立憲民主党。「日本はギャンブル依存症の先進国だ。パチンコに加えてカジノを解禁すれば間違いなく依存症は増える」としています。共産党も「依存症対策をするぐらいなら、そもそもカジノなんかつくるな」とグサリ。

 いずれにしても、公明党や野党が懸念するギャンブル依存症対策に関して一定の落とし前をつけたうえでIR実施法案が可決・成立するのは時間の問題といえるでしょう。

■ カジノなしでも訪日外国人は2000万人突破



  ※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180211-00052294-jbpressz-soci