失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 20459 件
総投稿体験談 223209 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2018/04/03 12:14
偽装結婚してまで日本に来るフィリピンパブ嬢の悲しい現実



日本にやってくるフィリピン人は風俗関係で働こうという女性が多く、最近は偽装結婚での不法入国が増えている。彼女たちは危険を冒してまでなぜ日本にやってくるのか。フィリピンパブで働く女性を取材するうちに結婚してしまったルポライターが、日比関係のゆがんだ現実を伝える。
かつては興行ビザで来日

「日本に来るために偽装結婚した」

一人のフィリピン女性が、自分が偽装結婚して日本に来たことを話してくれる。

彼女は、2010年に日本人ブローカーの仲介で、日本人男性とフィリピンで結婚した。だがその結婚は、真実の結婚ではなく、日本で働くビザを取るための「偽装結婚」。言葉も通じない、見ず知らずの日本人男性と日本に来るために結婚する。日本に来て働く先は、「フィリピンパブ」だ。

今、彼女のように偽装結婚して日本のフィリピンパブに働きに来る、フィリピン女性が増えている。

日本にフィリピン女性が増えたのは1980年代後半ごろ。彼女たちはダンサーや歌手といったパフォーマンスをするための「興行」の在留資格(以下、興行ビザ)で来日していた。

90年代初めに興行ビザで来日したフィリピン女性は、日本に来るまでのことをこう言う。

「日本に来るためにフィリピンで歌やダンスの猛練習をする。寮に住み込みで毎日朝から夜まで」

日本に来るために、フィリピンで歌や踊りの試験に受からなければならなかった。だが厳しい試験に受かって日本に来ても、実際に与えられたのは、短いスカートに胸元の開いたセクシーな衣装を着て、日本人男性相手に酒を飲み、手をつなぎながら談笑し、一緒にカラオケを歌うといったホステスの仕事だった。

ホステスとしての接客は資格外活動だったが、興行ビザによるフィリピン人の入国者数は毎年数万人規模で、2004年には過去最高の8万2741人ものフィリピン人が興行ビザによって入国した。こうして、フィリピン女性が日本人男性を接客する、フィリピンパブが全国各地にできた。

ところが、フィリピンパブが日本に根付いて、20年近くたった04年、米国務省は「世界の人身取引に関する年次報告書」で、興行ビザが人身取引の原因になっていると指摘した。これを受けて日本政府は、05年に興行ビザ発給の規定を変更。実質、フィリピン女性のフィリピンパブへの出稼ぎの道を閉ざすことになり、フィリピン女性を確保できなくなったフィリピンパブの多くは廃業を余儀なくされた。


 ※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。


関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180402-00010000-nipponcom-soci