失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 20446 件
総投稿体験談 223064 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2018/05/10 13:53
巷で話題、 レズビアン風俗の裏側ーー女性だって気持ちよくなりたい! “心地いいひと時”の経験を…

今、世の女性の間では“レズ風俗”なるものが注目を集めているという。

一昨年、大ヒットしたコミックエッセイ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(永田カビ著/イースト・プレス刊)を皮切りに、作中で登場する大阪ミナミのレズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」には問い合わせが殺到。

今年2月に発売された同店の代表・御坊氏による「女性が女性にサービスする性風俗店の10年」を描いた『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)も話題沸騰中だ。

そこで、「自身も生粋のレズビアンでありながら、数々の男性向けの風俗サービスの取材をライフワークにしてきた」という、かなりこじれまくった記者が著者の御坊氏を直撃! 前編では70代の利用者や記念日を祝う女性など利用者について伺ったが、注目されつつあるレズビアン風俗店の実態を洗いざらい聞いてみた。

■割り切った関係が崩壊する恐怖

―精神的な繋がりを求められたり、関係性が濃かったらどうしても本気になってしまうトラブルも多そうですよね。告白されたり、告白したりとか。

御坊 ありますね。最初はキャスト同士がくっついてしまったり、面接でも堂々と「出会い目的です」って言われたり(笑)。お客さんに執拗に粘着されて、心身ともに疲れ果てて店を出て行ってしまったコもいます。

―私も3年前に都内のレズビアン風俗に潜入して客として体験取材したんですよ。どんなコが働いているのかバックグラウンドが知りたくて。やっぱりそこでも「本気になるお客さんが多くて困ってる」っていう声が多かったんですよね。でも、話しているうちに「本気で好きになっちゃったので付き合ってくれませんか」と言われて、私用のSNSのIDを手渡されて(笑)。

御坊 最近は都内でもレズビアン風俗店って増えてますけど、男性向けの風俗店を運営しているところが片手間にやっているところも多いんですよ。だからルールも曖昧(あいまい)というか、キャストに丸投げだったり。きちんと規制できてない。

レズビアン風俗といっても、キャストは“運命の人”じゃないんです。僕はいい時間を過ごして、お客さんが現実に戻った時に少しでもその余韻を楽しんでほしい。

―業界自体、正直まだまだ開発途中という面もありますよね。きちんと割り切って夢の時間を過ごせるか、それとも自分で壊してしまうか。それはあくまで自分次第だと。

御坊 仕事じゃなく、プライベートでレズビアン風俗に行かれたことはないんですか?

―ないですね。なぜか私の周りのレズビアンの女子たちも、あまり行った話は聞かない…。興味はあるんですけどね。冒頭で御坊さんご自身も「ノンケのお客さんが多い」と言われてましたよね。

御坊 確かに、LGBT(レズビアンやセクシャルマイノリティの総称)のレズビアンと、アダルトや性風俗業界の“レズビアン”は意味合いが少々違いますからね。現に設立当初はLGBT界隈の方々から「差別だ」「バカにしている」など風当りも結構きつかったです。

―実際、新宿二丁目のレズビアンバーやイベント、同性愛者限定のアプリでも話題には上がるんですよ。でも「行くのはちょっと…」と躊躇(ちゅうちょ)しているコも正直かなり多くて。バイやノンケの女子のほうが常連客になっていて…なんか変な逆転現象が起きてますね(笑)。

御坊 うちの店はレズビアンの方々に限定した店ではなくて、間口を大きく開けているのでその人たちをどうこうさせたいというわけじゃないんです。話題にしてもらえるだけでもありがたいじゃないですか。でも反論しただけでも過剰に反応されて…。センシティブ(敏感)になっているのかなあと。

―私は差別だとか全然思ってないんですよ。ただ、今はセクシャルマイノリティ専門の出会いアプリがあったり、頑張れば自力でコンスタントに出会えたりするじゃないですか。だから「出会うことにコストをかけたくない」っていうレズビアンもぶっちゃけ多いのかなと。

御坊 でもそれって、リスクもむちゃくちゃありますけどね(笑)

■風俗の多様性と、新たな選択肢の自由

―確かにリスクは大きいです。でも、個人的にはそのリスクも全部ひっくるめて、出会ってイチャこらするまでのすべての過程である“面倒くささが面白い”というか…。さらに言ってしまえば、個人差はあれど自分の性に対して昔から「なんで自分は“普通”じゃないんだろう」っていうコンプレックスがあったと思うんです。

そこでさらに、女性の間ではまだあまり浸透していない「自分が性風俗を利用する(女性を買う)」っていう罪悪感やハードルが重なると、二重苦、三重苦で躊躇(ちゅうちょ)してしまうというか…。ノンケの女性に比べると、どこかまだ抵抗を持ってしまうんでしょうね。そう簡単には「え、面白そう! やってみたい!」となれないのはそんな理由かも知れない。

御坊 うんうん。

―あと、ぶっちゃけ私の場合、金銭が発生している時点で、何を言われてもされても「あ、仕事だからかな」ってビジネスの匂いを嗅ぎ取ってしまうんです。だから、いつまで経っても“玄人童貞”。…ひねくれたひとりのレズビアンの戯言(ざれごと)だと思ってください(笑)。

御坊 いろんな意見があっていいと思いますよ。僕らは、受け入れられないことも受け入れる。…面倒くささに疲れた時は、いつでも癒やされに来てください(笑)。

―女性にフラれまくって心が荒んだ時は、是非お願いします(笑)。お話を聞いているうちに、性的な快楽だけではなく、女性が疲れを癒やしたり活力を取り戻す場なのかなというイメージが湧きました。

御坊 お客様には「自分が心地良くいられる時間を買っていただいている」という感覚ですね。今、注目されていても、僕らはブームを押し付けるつもりは全くありません。「たまにはこういう癒やされ方もいいんじゃない?」「こんな選択肢もありますよ」と、多様性のひとつとして新しい選択肢があってもいいかなと。

―女性が性風俗を利用するのはまだまだハードルが高かったり、世間の目もやたら厳しいじゃないですか。でも、女性だってぶっちゃけ気持ちよくなりたい。サービスを利用することに罪悪感を持つ必要もありませんしね。心も体も満たされるなら、一度試してみるのもアリかも知れない。「人肌恋しい時に寂しさを満たすことができるのは性別関係ない」と。

御坊 最初はちょっとした好奇心や興味本位でも全然いい。世の中の女性が自分らしくいられるため、心地いいひと時を経験して「また明日から頑張ろう!」と新たな活力をチャージできるような、心と身体の栄養補給の場を提案できたらいいな…と。今後は東京進出も含め、世の中の女性に安全でさらなる多様性を提案できるように奮闘しまっせ!

  ※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:http://news.livedoor.com/article/detail/14690713/