失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 19358 件
総投稿体験談 207038 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2018/05/15 13:23
セクハラは無くせる?紗倉まな「何を言っても許されると思っている人も」

世間を賑わせ続けるセクハラ問題。財務次官によるセクハラ報道やMeToo運動など、日本だけでなく世界中で大きな動きを見せているが、決して他人事ではなく私たちの身近に潜む社会問題だ。

 そもそも日本で「セクハラ」という言葉が一般的に知られるようになったのは30年前のこと。元号が変わった1989年、福岡の出版社に勤務していた女性がセクハラを理由とした日本初の民事訴訟を提起。メディアにも盛んに報じられたことから、「セクシャル・ハラスメント」という言葉が新語・流行語大賞新語部門で金賞を受賞するに至った。

 それから30年。ハラスメント対策の専門家である株式会社プラネットの根岸勢津子代表取締役は「ハラスメントが原因で企業価値を落としてしまうところも少なくないので、企業は非常に模索している」と話す。中には「休日や夜遅くの連絡を避ける」「顧客に対する絵文字の使用禁止」といった具体策を講じている企業もあるというが、社会からセクハラ問題が無くなる気配は一向にない。
セクハラは無くせる?紗倉まな「何を言っても許されると思っている人も」

20代女性は…

 街で女性たちに聞いてみると、

 「飲み会でタッチとかはある。太ももにタッチとか肩にタッチとか。あんまりいい感じはしなかった」(20代IT関係)
 「私も居酒屋で働いていたので、抱きつかれるとかも全然あった。『お姉ちゃんかわいいね』みたいな。その発言だけでどういう目で見てるのと」(20代金融業)
 「ポンポンとやってくる上司とか、肩を揉んでくる人とか。若い人だったから許容範囲だったけど、おじさんとかにされたら気持ち悪いなと」(20代事務職)
 「言った方がいいと思う。悪いことは悪いし、今は女性が社会進出しているのにそんなことがあったら女性は働きにくい」(30代ホテル勤務)
 「お客様が結構プライベートまで踏み込んで『今日はデートなの?』とか聞かれたりすると、それ答えなきゃいけないのかなみたいな。受け手の問題だと思う。投げかけられた言葉に対して受け手がどう感じるかがすべて。それでハラスメントだと決まる」(30代百貨店勤務)

 と、セクハラ行為は日常に溢れているようだ。


  ※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00010001-abema-soci