失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 19327 件
総投稿体験談 206889 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2018/07/05 12:34
強い感染力の「梅毒」が女性に急増! キスやコップからも感染!!

妊婦が感染すると60~80%の胎児が感染!

性感染症「梅毒」の患者数が、ここ数年で爆発的に増えています。
1990年代以降は年間1000人を下回っていたものが、2013年には1200人を超え、2015年は2690人、2016年は4575人、2017年は現行の集計となって以降、初めて5千人を突破しました。
さらに、今年も昨年を上回るペースで増加しています。
「梅毒」の初期は、自覚症状がないことも多く、潜在的な患者数はもっと多いと考えられます。

さらに気になるのは、女性患者が急増していること。この5年間で5倍以上になりました。
感染は、一般家庭の主婦などにも広がっています。
しかも、その年齢は妊娠・出産の時期と重なり、76%を15~35歳の若い女性が占め、特に20代前半の感染者数が突出しています。
妊娠中の女性が感染すると、無治療の場合、40%は流産や死産となり、生まれた場合も、肝臓や目、耳に先天性の障害を引き起こす「先天梅毒」が危惧されます。
胎児が胎盤を通して感染するリスクは、60~80%と極めて高確率です。


キスやコップの使い回しでも感染!

「梅毒」の症状は、感染から「3週間後」、「3ヵ月後」、「3年後」の3期に分類しています。
3週間後の〈第1期〉では、陰部・くちびる等の感染した部位に、小さなしこりや潰瘍ができ、少し遅れて股の付け根部分のリンパ節が腫れます。
しかし、これらの症状は痛みや痒みが無く、放置しても2~3週間で消えてしまいます。
感染しても、「何かあったけど、自然に治ったな」と勘違いしたまま、あるいは感染に気付かないまま、性交渉をしてしまい、知らず知らずのうちに感染拡大を引き起こしてしまうのです。

くちびる等に「梅毒」の病変部分がある場合は、キスでも感染します。
感染者とのコップや箸の使い回し、皮膚に傷のある状態での愛撫などでも感染します。
だから、〈第1期〉が最も危険な時期とされるのです。
やがて全身に発疹が…!

〈第1期〉の症状が消えた後、梅毒の病原体は全身に広がります。
そして3か月後の〈第2期〉では、全身に発疹という形で表れます。
顔や手足にピンク色の円形のあざが出来たり、「バラ疹」と言われる赤茶色の盛り上がったブツブツが全身に広がります。
多くの感染者が、この段階で慌てて病院に駆け込みます。
「梅毒」は、〈第2期〉までに治療することが肝要です。
「梅毒で鼻が落ちる」は本当か?

〈第2期〉以降、約3年間は無症状で経過します。
3年以上経った〈第3期〉では、ゴム腫などといわれる大きなしこりが出来ます。
さらに進行すると、心臓・血管・神経・精神・目などに重い障害が現れ、場合によっては死に至ります。
以前はよく「梅毒が進行すると鼻が落ちる」などと聞きましたが、〈第3期〉のゴム腫が鼻骨にできると、崩れたり陥没することがあり、この状態を「鼻が落ちる」と表現したのでしょう。
ただ、現在では〈第3期〉以上に進行する患者さんは、ほとんどいません。

世界における「梅毒」の標準治療は、ペニシリンGという抗菌薬の筋肉注射が一般的です。
ただ、日本ではペニシリンGは認可されていないため、代用となる内服薬によって治療が行われます。(現在、日本医師会はペニシリンGが使用できるよう、働きかけています)
早期に発見されるほど、治療期間は短くてすみます。

  ※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00010004-fnnprimev-life&p=2