失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 20442 件
総投稿体験談 222962 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2018/09/29 13:03
東京都豊島区 パトロール員が翻訳機携帯 路上喫煙防止

東京都豊島区は来年1月から、池袋駅周辺での外国人の路上喫煙・ポイ捨て対策として、英語、中国語、韓国語などの多言語音声翻訳機を活用する方針を打ち出した。路上喫煙やポイ捨てを注意するパトロール員に、相手の外国人の言葉も日本語に翻訳される「双方向機能」を持つ音声翻訳機を携帯してもらい、喫煙ルールを呼び掛ける。音声翻訳機を活用した路上喫煙対策は都内で初めて。

 同区は2011年、「路上喫煙・ポイ捨て防止条例」を施行。喫煙エリアを除く区内全域の路上喫煙・ポイ捨てを原則禁止にした。パトロール員が池袋駅周辺で注意を呼び掛け、路上喫煙率は11年度の1万人当たり1日17人に対し、17年度は3人に減少した。一方、同年度は計3万669件の路上喫煙を注意しており、パトロール員の感覚では、約3割が外国人だったという。

 高野之夫区長は20日の記者会見で「区民29万人の1割以上は外国人で、今後も増加する」として、さらに喫煙ルールを徹底するには外国人に条例を知ってもらう必要があるとの考えを示した。

 ※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:http://mainichi.jp/articles/20180928/k00/00m/040/144000c