失敗しない風俗店選びをするには?凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考に選び、より良い風俗ライフを満喫しよう!

風俗・デリヘル・エステ口コミ│みんなの風俗体験男

会員の方は下記のフォームにID,PASSを入力し、ログインボタンを押してください。
ペンネーム
PASS
総掲載店舗数 20386 件
総投稿体験談 222122 件

店名や電話番号、地名で検索
※特殊文字の検索はできません。
↓掲載希望フォーム↓
店舗名と場所など

ブログ名、URLなど



★当サイトに載っていないお店や
ブログ等を募集しております。
高収入風俗求人ふーぞくan

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2018/10/06 18:33
男性の生きづらさの象徴?女性の「パパ」になる男たちの心理とは

9月20日、パパ活専門家の七瀬結氏による「パパ活は世界を救うかもしれないセミナー」が開催されました。「パパ活が社会問題の解決になるかもしれない!?」と主張する、3名の登壇者(七瀬氏、交際クラブ「ユニバース」代表・木田聡氏、『はじめての不倫学』著者・坂爪真吾氏)と、実際にパパ活女子を支援するパパの話を聞いて、思ったことを書いてみました。

 「オショックス」という言葉を初めて聞いた。
 お食事+セックスでオショックス。
 調べてみると、タレントの岡本夏生さんが自身の20代を振り返って枕営業をしていたことをこう表現したらしい。なかなかのパワーワードである。

 パパ活とは、女性が自分を経済的に援助してくれる男性を探す活動を指す。その定義の中に肉体関係があるかどうかは明示されていない。
 今、様々なメディアで話題にされているパパ活は「肉体関係が伴わない」ことが新しいと言われているが、交際クラブ利用者に聞くと、実態は深い仲になることも珍しくはなさそうだ。
 そう、女性を経済的に支援したいと考えているパパたちは「オショックス」を望んでいるのだ。

 私はここでふと疑問に思う。
 セックスしたいならば、風俗に行けばいいではないか。どうして、時間もお金もかかる「食事」タイムが必要なのか。
援助交際とパパ活の違いって?

 セミナーの中で、交際クラブ代表の木田氏は「援助交際」と「パパ活」の違いをこう語った。
「援助交際は気持ちがあってもなくても、お金のために男性に身体を許す関係。パパ活は、気持ちがつながっていないと食事もセックスもない関係。ここが決定的に違います」

 確かに、会場にいたパパたちはみんな「体だけの関係ではなく、食事も女性と一緒に楽しみたい」と言っていた。

 私はパパ達の発言に対して「本当に~?? セックスだけできるなら、そっちの方が嬉しいんじゃないの?」と疑いの気持ち満々であった。交際クラブよりも風俗のほうがコスパよくない? なんでわざわざ交際クラブに行く男が存在するの?

 しかし、1人のパパのこんな言葉で、少し腹落ちした。「セックスだけの関係だと、”お仕事です”という感じの無機質な行為になるか、お互いガチガチでリラックスできない行為になってしまう」
 なるほど。その気持ちは女の私にもわかるぞ。


 ※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00010001-telling-life