業界最多級 掲載店舗 21682件 体験談 244157件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/04/24 14:22
風俗スカウトマンを恐喝する犯罪グループが出没「お詫びに3万円を女のコに支払え」

昨年夏、「ブラックハンター」と呼ばれる犯罪グループが跋扈したことを覚えているだろうか。劇場型犯罪の一つで、女性を盗撮している男を見つけ、盗撮犯を強請(ゆす)るのだ。逮捕されたグループのなかには3000万円以上の大金をせしめていた者もいた。

◆都内の繁華街で出没中! スカウトハンターとは

 だが、同種の犯罪は形を変えて復活している。ブラックハンターより逮捕リスクが小さく、手間がかからない新たな恐喝手法が編み出され、都内で行われているというのだ。

 ターゲットは路上でのスカウト行為だ。被害に遭ったスカウトマンのRさんは言う。

「原則、路上スカウトは禁止されていますが、実際はみんなやってるじゃないっすか。その日も、キャバ嬢っぽいコに声をかけたんです。そうしたら、女の“上司”だと名乗る男が『ウチの社員に何してるんだ』と因縁つけてきた。そこに、タイミングよく『動画を残してる』という通りがかりの男2人組が現れ、『警察に突き出しましょう』などと言い始めたんです」

 その後、2人組は「お詫びに3万円を女のコに支払え」と言い始め、面倒くさくなったR氏は払ってしまったという。

「3万円くらいなら財布にいつも入ってるし、警察沙汰にならないなら安いと思って払った。だけど、後からよくよく考えたら、女も絶対グルだし、あいつらいい商売してるよ。スカウトなんて繁華街にゴロゴロいるわけだから、例えば新宿や池袋とか場所を移せば1日で何件も恐喝し放題でしょ。現にスカウト仲間で同じ被害に遭ったヤツが3人いるよ」

 いわば美人局型の“スカウトハンター”なのかもしれない。

<取材・文/中山美里(オフィスキング) 渋谷ふうら>
※週刊SPA!4月23日発売号「[偽装パパ活]美人局の手口」特集より

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190423-87425554-aspa