業界最多級 掲載店舗 21,819件 体験談 244,185件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/05/24 11:56
「性被害者が屈するのは、暴行脅迫だけじゃない」研究者ら「社会的抗拒不能」を指摘

性暴力はどのようにして起きるのか。そして、被害者のその後にどのような影響を与えるのか――。被害の実態を明らかにして、刑法や支援のあり方について考えようと、研究者が性暴力被害に関する調査を実施し、5月23日に中間結果を発表した。

起きた出来事を被害と認識するのに10年以上かかる被害者もいるなど、見過ごされがちな当事者の心理状態が明らかになった。

●被害を認識、10年以上かかった人も

調査は2018年5月、性暴力被害経験のある成人女性51人を対象に実施した。うち、20人はウェブ上で体験談を書いてもらい、31人には直接インタビューをおこなった。インタビューは、望まない性交のプロセスや被害をどう認識したか、被害後の影響などについて聞いた。

研究の責任者を務めた目白大専任講師の斎藤梓さんと東京大学医学研究科非常任講師の大竹裕子さんらが、東京都内で開かれた「当事者の声から刑法改正を考える」(主催・一般社団法人Spring)で中間結果を発表した。

「同意のない性交」はどのようにして発生するのか。

齋藤さんは、犯行に至るプロセスごとに分けた結果、(1)見知らぬ人から襲われる「奇襲型」、(2)飲酒や薬物を伴うもの、(3)家庭内性暴力、(4)日常生活の中で上下関係を作りあげ性行為に追い込む「エントラップメント型」の4つに分類されると指摘する。

「エントラップメント型」は加害者が自分の価値を権威づけると同時に、被害者をおとしめ、逃げ道をふさいだ上で、性交を強要するものをいう。

「同意のない性交」を検討する際には、性交に至るまでの関係性や、拒否を伝えられる関係であったか、という視点を取り入れることが考えられると話した。

また、当事者が性暴力被害にあったと認識するまでには時間がかかることもあった。被害当時は子どもで起きた出来事の意味がよくわからなかったり、自分の中にある性被害のイメージと違ったりするからだ。

調査では、被害を認識するまでに10年以上かかったと答えた人もおり「被害を認識するまでに公訴時効が成立してしまう。中・長期を見据えた支援政策が不可欠」と話した。

●地位や関係性を利用した性被害「これまでの関係性を把握、評価を」
※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。



関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00009677-bengocom-soci