業界最多級 掲載店舗 21,819件 体験談 244,247件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/05/31 12:26
不倫してしまったら、今後の恋愛で最初に考えるべき7つの可能性

不倫によるダメージやリスクなど知っておきたい7つのこと

1. 不倫は割り切れなくなり、ズルズル続けてしまう

不倫など、未来のない不毛な恋愛をする女性は多く、そのほとんどが、最初は楽しいと思っているでしょう。しかしそれはやがて、「(不倫をしても)楽しくないのに、やめられない」という依存症のような状態になるのです。

最初は割り切った恋愛関係と思っていても、割り切れなくなるのが不倫です。不倫はギャンブルのようなもの。ギャンブルは時間とお金を費やせば費やすほど、元を取り返すまで辞められなくなってしまいます。
不倫も、彼と過ごす時間と労力を費やせば費やすほど、彼が離婚して自分の物にするまで辞められなくなってしまいます。
そしてあなたがズルズル不倫している間、婚活市場でのあなたの価値は大暴落してしまうのです。
2. 独身男性とのパートナーシップが築きにくくなる

不倫は、男性にとって最高の疑似恋愛です。不倫をしている間、罪悪感や後ろめたさから男性はあなたにとても優しく接します。でも、それは本当の彼ではありません。本当の彼は、“彼の家族と一緒にいる彼”なのです。

不倫男性特有のスマートな優しさと包容力に慣れてしまうと、独身男性との恋愛では物足りなくなったり、面倒くさくなってしまいます。
3. 独身男性は「不倫臭」を嗅ぎ取る
男性はふとした時に、女性が過去の恋愛に不倫の経験があることを感じ取ります。
例えば、彼女の年齢に不相応のブランド品やジュエリーを持っていたり、趣味(ワイン、ゴルフ、絵画、骨董品、オペラ、観劇などお金がかかるもの)や都内の高級ホテル、レストラン事情にやけに詳しかったり…。

自分がいいなと思い、デートしていた女性が、不倫の経験があり、他の男性の二番手であったとしたら?決していい思いはせず、その女性を大切にしようとするモチベーションは下がるでしょう。下がる感じ方は様々で、人間として尊敬できなくなったり、彼女の過去を気にする自分に自己嫌悪して、結局彼女と一緒にいるのが苦痛になったり。

もちろん、「不倫していた女性は絶対にあり得ない」という男性もいれば、中には「過去の恋愛は全く気にしない」という男性もいます。
しかし、結婚を考えているなら、過去や現在、不倫をした経験がある人は、不倫によって身に着いた振る舞いや大人の色気、知識や情報を男性の前で見せないようにし、年齢や身の丈にあった自分で接したほうが、結婚の可能性が高まるでしょう。
4. 少しずつ始まりハマり抜け出せなくなる

最初から不倫などの、不毛な恋愛をしようとしてする女性は少ないのです。しかし、それは少しずつ始まり、ある時から止まらなくなります。
例えば、最初、あなたは不倫をいけない行為と認識し、既婚男性からのアプローチを無視し続けています。でも、彼の根気強いアプローチに、徐々に心が動き始め、彼にハマっていきます。

あるいは、なんとなくトキメキが欲しくて、そばにいる既婚の男性に優しくしてみる。すると、その既婚男性もその優しさに応えてくれる。職場だけで接していたのに、ランチを一緒に食べるようになり、夕食を食べるようになり、軽いデートをするようになり、どちらかがキスをして、止まらなくなる。このようなかたちであるとき、気がついたらハマっているのが不倫なのです。
5. 不倫にはまらないために…

このように恋愛が始まると考える時、チップ・ハースら著『スイッチ!』という書籍が参考になります。この本では、人間の心を「象」と「象使い」に例えています。象というのは、欲や衝動や感情を指していて、象使いは、象をコントロールする理性を指します。象は、動かないときはテコでも動きません。ところが一度走り始めると、今度は誰にも止められません。

象の例えに従えば、まったく恋愛をしない女性たちは、象が動かない状態にいて、不倫や不毛な恋愛を止められない女性たちは、象が暴走している状態にいます。
欲や衝動や感情をコントロールするには、象が立ち上がって、歩き始める前に防ぐことです。

具体的には、あなたが婚活をしているなら、結婚を考えていない男性とプライベートで接してはいけません。
見た目のキレイな女性や、スタイルのよい女性、女性らしい女性は、不毛な恋愛に引き込まれる可能性が高くなります。その可能性のある男性の前では、魅力を出さないようにしましょう。

また、不倫を水際で防ぐためには、あなたにやさしく接し、アプローチをしてくる既婚男性がいるなら、勘違いかもしれないと考えず、なるべく早く距離をおきましょう。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。


関連URL:https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190531-71527502-rennaiu