業界最多級 掲載店舗 22,120件 体験談 251,286件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/06/26 12:54
中毒者が急増中! 「バーニラ、バニラ♪」「俺の風♪」はなぜ耳に残るのか?

新宿や渋谷など首都圏の繁華街を走る宣伝カーから流されている「バーニラ、バニラ、高収入♪」というゴキゲンな曲。これはキャバクラや風俗求人サイトの宣伝曲だが、そのキャッチーさから今や子どもまでが口ずさんでいる。他には、男性の夜のお仕事求人サイト「俺の風」の宣伝曲も、一度聴いたら耳から離れないと中毒者が急増中だ。これらの曲はなぜ、こんなにも人々の耳を虜にするのだろうか。これまで700本以上のCMソングを手がけてきた作曲家の近谷直之氏に聞いた。
バーニラ、バニラ、バーニラ求人♪
 バーニラバニラでアルバイト~♪

 こんな複数の若い女性の大音量の合唱を引っさげ、首都圏の街を爆走する宣伝車を見たことはないだろうか。そのキャッチーかつハイテンションな曲はにわかに話題となり、YouTubeの公式動画は100万回再生を誇っている。

 一度聞いたら最後、あの女子たちのキャピついた声色とフレーズが耳から離れず、頭の中で無限ループされてしまうという人も多いに違いない。その理由について、近谷氏は次のように分析する。

「まず、フレーズを連呼することで記憶に残りやすくなる、ということが挙げられます。単純接触効果といって、広告の世界では映像や商品名に多く触れれば触れるほど、印象に残り効果があると言われています。『バニラ』も広告ソングなので、フレーズを連呼して印象に残す狙いがあるのだと思います」

 また、歌詞に音程がないことも特徴的だという。近谷氏が“聴き起こして”くれた楽譜を見ると、そこに記載されている音符の種類が少ないことがわかる。

「音程を取らなくてもいいので、口ずさむハードルはぐっと下がります。チアリーディングの掛け声(『Go! Fight! Win!』など)がいい例で、子どもから大人まで誰でもマネすることができますよね。リズミカルだけど音程がない、キャッチーでマネしやすい要素が揃っています」

 同じように、最近テレビで頻繁に見かける日野自動車のCMフレーズ「トントントントン ヒノノニトン♪」も音程がない。これにおいても、音程のなさがいかに口ずさみやすさともリンクしているかが分かる。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00567562-shincho-soci