業界最多級 掲載店舗 22,196件 体験談 253,953件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/07/16 13:23
家賃滞納30万円、キャバクラ嬢…愛あれどすれ違う父娘の悲劇

「部屋を借りる」ことのハードルが下がった理由

最近、若年層の家賃滞納が非常に増えています。その原因の多くは、経済的基盤がなくても、部屋が簡単に借りられてしまうことではないでしょうか。

年金代わりにと不動産投資をしたり、相続税対策でアパート経営に乗り出したりする家主が増えたことで、物件数は飛躍的に伸びています。そうして借り手市場となった不動産業界において、家賃保証会社の台頭により、連帯保証人なくして部屋を借りられるようになったことは、「部屋を借りる」ことのハードルを下げたのでしょう。

山本加奈さん(21歳)は、すでに4カ月も家賃を滞納していました。しかも、滞納は部屋を借りた直後から始まり、その額は30万円を超えています。

このようなケースは、そもそも収入がないのが原因であることが大半です。おそらく加奈さんの場合も、年齢から察するに安定した収入源がないのだろうと予想されました。このままだと将来のある若者が、滞納という借金をどんどん積み重ねてしまうことになりますから、早急に手を打たねばなりません。可能であれば訴訟手続きで追い出すということはなんとか避けたいと考え、家主から相談を受けたあと、すぐに部屋を訪ねてみました。

前回の事例のように大概の滞納者は居留守を使うので、現地に赴いても本人に会えることはほとんどありません(関連記事 『家賃滞納60万円超…「大手企業の一級建築士」が陥った酒の罠』 参照)。けれども、加奈さんはすぐにドアを開けてくれました。

入居申込書の職業欄にはキャバクラ勤務と書かれていましたが、どちらかというと地味な印象の加奈さんは、昼間で化粧をしていないせいか、実年齢よりもだいぶ幼く見えました。そしてやはり、滞納の原因は収入の不足でした。思ったほど売り上げが上がっていないようです。この先、収入が増える保証もなさそうですし、これ以上、滞納という借金を積み重ねないためにもとりあえずここは退去して、一度実家に戻ってみてはどうかと促したのですが、それは嫌だと突っぱねるのです。

これは家出かな……。直感的にそう感じましたが、ここで問い詰めても仕方がないので、このまま滞納が続けば、この先どのように手続きが進んでいくかを説明し、この日は部屋を後にしました。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00022166-gonline-bus_all