業界最多級 掲載店舗 22,196件 体験談 253,953件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/07/18 14:49
盗聴器が仕掛けられる場所ランキング第1位は?

盗聴被害の相談は年々、緩やかに増えているのが現状です。その理由の1つには、盗聴器が安価に入手しやすくなったことが挙げられます。また、メディアで取り上げられる機会も増えたため、世間の人に盗聴行為自体が知られるようになったのも要因でしょう。そんな盗聴器が仕掛けられる場所はどこが多いのでしょうか。
アナログ盗聴器を使ったケースが多い

盗聴発見業者によると、盗聴事件は家庭・オフィス・官公庁などどこでも起こっているそうです。そして、最近の盗聴の手口にも傾向があるといいます。

「1番多いのは、電波を発するタイプのアナログ盗聴器を使った旧来のケースです。電源タップ式などの擬装型やワニ口クリップ式といった、小型で見つかりにくいアナログタイプのものが結局、安定して使いやすく便利なのです」とのことです。

「一方、スマホなどを使った盗聴はそれほど見られません」といいます。「アプリを仕込まなければならない、携帯番号から足がつくなどリスクが高く、ターゲットに近しい人間の内部犯行以外では難しいのでしょう」と、その要因を分析してます。
家庭とホテルで50%以上の盗聴器

誰でもスマホを持つようになり、デジタルガジェットを使った盗聴が増加しているかと思いきや、実際はそうではないとのこと。旧来からある電波式の盗聴器が入手しやすくなり、その結果、じわじわと盗聴事件が増加しているといえそうです。

そうした盗聴器はどこに仕掛けられるケースが多いのでしょう。盗聴発見業者によって盗聴器が発見された場所の割合を見てみると、第1位が一般家庭で32.7%、第2位がホテルで19.1%となっています。

続いて第3位がオフィスで8.6%、第4位が風俗店で4.0%、第5位が飲食店で3.3%です。一般家庭とホテルだけで、50%以上の盗聴器が発見されているということ。女子更衣室などに盗聴器が仕掛けられるケースは意外と少ないのでした。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190717-95638858-radiolife