業界最多級 掲載店舗 21,826件 体験談 244,453件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/09/01 10:28
中越国境にあった「売春ショッピングモール」潜入撮

「建前上、中国政府は『風俗店は存在しない』と言いますが、中国人たちは『衣・食・住・性』を同じくらい重視してます。実際は各地に “女性” を抱える『置屋』があるのです」



 そう語るのは、34カ国の風俗街を訪れ、著書『海外夜遊びの王様ランキング!』(ジーオーティー)を上梓した、ブルーレット奥岳氏(61)。世界の “性地” を巡った男が、強く印象に残っている場所がある。





「2011年に訪れた、中国南部にあるベトナムとの国境の街『河口』です。外観はなんの怪しさもないショッピングモール。屋上まで吹き抜けの構造で、1階は日用品や食品を売っています。小さな子供を抱えた父親が微笑ましく買い物をしていたりね」



 たしかに、建物の外壁には中国語で「貿商場」(ショッピングモール)の文字。だが、どこか様子がへんだ。



「吹き抜けを囲むようにして通路があり、壁側に並んだ店の中からは赤い光が漏れている。そして、どの店の入口にも若い女性が座っているんですよ。



 どういうことかと思ったら、ショッピングモールの2階以上はすべて置屋! しかも国境の街らしく、3割が出稼ぎのベトナム人。さすがの私も驚きました」(奥岳氏)



 当時の河口の置屋の平均相場は、100元(現レートで約1600円)ほど。女性は18歳から26歳くらい。周囲の街から働きに来る者も多かったという。



「“プレイルーム” は、畳1畳ほどに布団が敷かれただけ。天井の高さも140センチ程度で、まっすぐ立てない窮屈な部屋。そんな置屋が当時は40店以上も軒を連ねていました」(奥岳氏)



 好き者なら男ゴコロをくすぐられる状況だが、中国事情に詳しいルポライターの安田峰俊氏は、「中国での女遊びは超危険」と言い切る。



「もし買春で公安に捕まったら、顔写真を撮られ、情報が紐づけられる。そうなると、監視カメラ社会の中国では、どこに行っても『こいつはエロ犯罪者だ』と特定され続ける恐れがあります」



 習近平体制下で、売春への締めつけが厳しくなった中国。河口の置屋も例に漏れず、2016年の一斉摘発でほぼ壊滅に追い込まれた。奥岳氏は当時を思い出し、感慨に浸る。



「今の河口に、かつての賑わいはない。あのときの光景は夢だったのか……。“風俗世界遺産” と呼びたい場所のひとつです」

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190901-21584457-smartflash