業界最多級 掲載店舗 21,826件 体験談 244,453件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/09/03 10:54
ラブホテルが訪日外国人に人気だが……「フロントの窓が小さすぎて困惑」問題

観光立国の名のもと、訪日外国人旅行者頼みの宿泊業界。ここ数年のインバウンドの活況は、日本の宿泊施設を大きく変化させている。カテゴリーのボーダレス化はその一端だ。たとえばシティホテル/ビジネスホテルという区分がある。先日、ホテルに関する記事で「ホテルのジャンルといえば、料金によってシティホテルかビジネスホテルかに大きく分けられ」という文章を見たがこれは誤りだ。そうなると、繁忙日のアパホテルはシティホテルになってしまう。

両者の区分は料金の高低ではなく、フルサービス/リミテッドサービスの違いである。宿泊機能のほかに料飲やバンケットなど多様なサービスを提供する施設がシティホテル、宿泊に特化した施設がビジネスホテルだ。
従来のカテゴリーが変化するホテル業界

 しかし、シティホテル/ビジネスホテルのボーダーは変化しつつある。シティホテルは設備が豪華で客室も広いという印象だが、最近では広々とした客室や質の高いレストランを有した「進化系ビジネスホテル」を見かけることも増えた。一方、従来シティホテルとされてきた施設が、レストランやヘルスクラブなどを廃止、宿泊特化へシフトする例もある。また、「温泉旅館」といわれる施設でベッドを導入した客室が人気になったり、「ライフスタイルホテル」のような特定の文化や趣味・嗜好にフィーチャーする宿泊施設等々、様々な差別化が図られた結果、もはや従来のカテゴリーは通用しなくなっている。
「ラブホテル」は“一般”と“ラブ”の二極化

 そんなホテル界のボーダレス化現象のひとつといえるのが、「ラブホテル」の一般ホテル化だ。業界では「レジャーホテル」と呼称されているので本稿でも以下「レジャーホテル」という表現を用いるが、カップルズユースに特化してきた業態であることは周知の事実。最近では大きく窓をとったリゾートホテルのような客室や、淫靡なイメージを完全に払拭した施設、広々としたロビーやレストランなどパブリックスペースを充実させるなど、カップルズユースにフィーチャーしつつも宿泊施設としての質を向上させたホテルが増加している。一方でさらなる“ラブ”を追求する施設も存在感を示している。ある種の二極化が垣間見えるカテゴリーだ。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。


関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00013013-bunshun-life