業界最多級 掲載店舗 22,187件 体験談 253,624件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/11/26 12:11
新丸子、日吉…渋谷勤務の20代、東横線沿いならどこに住む?

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえるだろう。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 交通や生活の利便性などのデータから検討していく。今回は「渋谷勤務の20代女性」が住むのに適した街はどこかを考えていく。

東横線で「家賃7万~8.1万円」で住める街は4駅

11月1日、「渋谷スクランブルスクエア」(東棟)が開業した。2012年に「渋谷ヒカリエ」、2017年に「渋谷キャスト」、2018年に「渋谷ストリーム」、今年3月には「渋谷ソラスタ」と、渋谷では大規模な開発プロジェクトが進められてきた。この後も12月5日には2015年に閉館した東急プラザ渋谷の跡地に「渋谷フクラス」、2023年には桜丘地区、2024年には渋谷2丁目17地区、2027年には2020年をもって閉館となる東急百貨店東横店の跡地に「渋谷スクランブルスクエア」中央棟、西棟が完成を予定しており、渋谷は100年に一度の再開発が進行中である。

大規模な開発プロジェクトが完了するたびに、渋谷ではオフィスが増加している。前述の渋谷スクランブルスクエアのオフィスフロアは、73,000㎡のハイグレードオフィスだ。つまりいま、渋谷勤務の会社員が大幅に増加中であるといえる。

そんな渋谷勤務の会社員が、通勤にも住むにも便利な街はどこなのだろうか。渋谷であれば、いくつか候補の路線があるが、今回は東急東横線に絞り、20代後半の女性を想定して考察していく。

2018年「賃金構造基本統計調査」によると、東京都の企業に勤務する25~29歳女性の平均給与は、10~99名の会社規模で27.1万円、100~999人規模で29.03万円、1000人以上の規模で32.09万円となっている(税引前、残業代等込)。住民税や所得税などを差し引いた手取り額は、額面27万円だと20.8万円、額面29万円だと22.2万円、額面32万円だと24.3万円となる。

家賃は手取り月収の1/3以内と推奨されることが多いので、1K、1DKで7万~8.1万円。物件は最寄り駅から10分圏内、女性なので防犯的な観点で、二階以上でオートロックを条件に、各駅の平均家賃を見ていこう(図表1)。

平均家賃でクリアしたのは、「新丸子」7.88万円、「元住吉」7.81万円、「日吉」8.1万円、「大倉山」8.01万円の4駅。「菊名」「妙法寺」「白楽」も平均家賃は下回ったが、物件数が少なかったので、以降、検討からは外していく。

各駅の通勤時間を見ていこう。朝8時台の通勤時間帯の「渋谷」までの所要時間は、各駅停車しか止まらない「新丸子」で22分、「元住吉」で27分、「大倉山」で36分となる(途中、急行等へ乗り換えをしないこととする)。「新丸子」は「自由が丘」、「元住吉」は「武蔵小杉」、「大倉山」は「日吉」で、急行や通勤特急に乗り換え可能だ。また「日吉」では通勤特急利用で最短22分(急行利用で24分)となる。

それぞれの駅の平日8時台の電車本数を見ていくと、各駅停車しか止まらない「新丸子」「元住吉」「大倉山」で16本、急行や通勤特急も止まる「日吉」で23本と、3~4分待てば電車に乗れる計算である。

交通の利便性を見ると「新丸子」と「日吉」が「渋谷」まで22分と同レベルだった。しかし「日吉」で平日8時台の急行、通勤特急は8本であり、それに対して「新丸子」は16本どの電車に乗っても22分で「渋谷」に行ける。このように考えると、交通の利便性では「新丸子」が頭一つ抜け出ている印象だ。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00024368-gonline-bus_all