業界最多級 掲載店舗 22,300件 体験談 260,137件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2019/12/31 00:42
増える「女性用風俗」を利用する女性たちが、本当に満たされたいこと

女の女による女のための風俗

 映画『娼年』などで、近年静かに注目を集める「女性用風俗」──。しかし、男性用風俗に比べて、表立って話題に上ることは少なく、その実態はベールに包まれている。今回は、そんな知られざる女性用風俗の内情について迫った。

話を聞かせてくれたのは、女性専用性感マッサージ店「シェアカレ」を運営するオーナーのOさんだ。Oさんは、ロングの黒髪が美しい40代の女性である。

 キャッチフレーズは、「女の女による女のための風俗」。この業界ではOさんのように、女性向け風俗を女性が経営することは珍しくないという。

 一概に女性用風俗といっても、お店によってその特色は大きく異なる。性感に力を入れているお店、反対に通常のマッサージ寄りのお店もある。女性に接する「セラピスト」の男性も爽やか系、メガネ男子など、バリエーションは様々だ。

 「シェアカレ」では、性感はもちろん、マッサージに重きを置いている。そのためセラピストたちは、専門的なマッサージの講習を受けてから現場に入る。

 セラピストたちの年齢層は20代が主流で、清潔感のあるルックスのイケメンたちだ。彼らの属性はというと、専業のセラピストがいる一方、副業として空いた時間に働く一般企業のサラリーマンもいて、多種多様だ。女性はHP上のプロフィールを見ながら、セラピストを吟味する。

 ここで一般的なプレイの流れを紹介したい。

女性の意識を集中させる

 まずは、ホテルの近くで女性とセラピストが待ち合わせて入室。お互いシャワーを浴びたり、お風呂に入る。その間にセラピストは、アロマを焚いたりバスタオルをベッドに敷いたりして準備する。

 その後、お客さんはベッドに移動し、体を温める本格的なマッサージの施術へと移行。性感マッサージでは、女性の希望に応じて、おもちゃを使ったり、クリニングスや手で女性を愛撫してボルテージを上げていく。

 女性用風俗の場合、例え女性がイッたそぶりを見せても、男性のように射精したら終了ではない。時間ギリギリまでハグをしたり、腕枕をしたりして、スキンシップをとりながら甘い時間を過ごす。

 「まず最初に性欲を満たしたいとか、いきなり犯されるようにして欲しいという方もいます。そういうときは、性感から入って、あとでゆっくりマッサージをすることもあります。

 女性から『セラピストが、マッサージまでは優しい雰囲気だったのに、性感に移ると急にクールで肉食になるのが楽しかった』という感想をいただいたりもする。マッサージから性感に移行するときに、セラピストの中性的なキャラがオスモードに変わったりもするんです」(Oさん)

 確かに、男性の多面性を楽しむのは女性である私もわかる気がする。シェアカレでは、セラピストの一挙一動をOさんが指導している。例えばキス一つにしても、唇の触れ方やまなざしなどで、女性の意識を集中させる。頭を撫でられているだけなのに、不思議と心まで見つめられている気にさせられてしまう。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00069442-gendaibiz-life