業界最多級 掲載店舗 22,501件 体験談 267,354件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/02/21 13:59
暴力団に「みかじめ料」払ったらアウト? 都内キャバクラ経営者が逮捕されたワケ

暴力団にみかじめ料を支払ったとして、東京・大田区のキャバクラ店を経営する男性が2月中旬、都暴力団排除条例違反の疑いで、警視庁組織犯罪対策3課に逮捕された。

報道によると、男性は2019年10月、経営する2つのキャバクラ店のみかじめ料として、稲川会系暴力団の幹部=逮捕=に現金10万円を支払った疑いが持たれている。

10年にわたって、1000万円以上を渡していたとみられる。毎日新聞などによると、警視庁は、男性が幹部をかばって証拠提出を拒んだため、関係が深いとみて逮捕に踏み切ったという。

都暴力団排除条例は2019年に改正されて、みかじめ料を支払った側も罰則の対象となっていた。支払った側の逮捕は、今回が初めてだそうだ。

●「暴力団側、みかじめ料を払う側に対する抑止効果がある」

ナイトビジネスの法律にくわしい若林翔弁護士は「今回の事件は、暴力団側、みかじめ料を払う側に対する抑止効果がある」と評価する。

風俗店や飲食店が集中して、暴力団が活発に活動していると認められる地域が「暴力団排除特別強化地域」と指定されている。

その地域で、キャバクラやホストクラブ、風俗店などの「特定営業者」が、暴力団員に対して、用心棒料・みかじめ料などの利益を提供することが禁止されたのだ。

つまり、摘発のあったキャバクラ店もその地域にあったというワケ。

違反した人は、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」となる。もし暴力団から、用心棒料・みかじめ料をもとめられた場合は、どう対応すればいいのだろうか。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.

関連URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00010806-bengocom-soci