業界最多級 掲載店舗 22,654件 体験談 265,428件!

凸撃風俗体験男でみんなの体験談を参考により良い風俗ライフを満喫しよう

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/05/22 11:23
コロナで経営難のラブホテルは緊急支援の対象外 「職業差別だ」と経営者らから怒りの声


記事

小林ゆうこ
2020年05月20日 07:33

コロナで経営難のラブホテルは緊急支援の対象外 「職業差別だ」と経営者らから怒りの声 1/2

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛のあおりで、ラブホテル(以下、ラブホ)が経営難に陥っている。そうした厳しい状況にもかかわらず、公庫特別融資やセーフティネット保証、5月から申請が始まった持続化給付金といった緊急支援の対象からことごとく除外されている。

「支援するのにふさわしくない業種だから」との理由で、国は「性風俗はダメ」との方針だ。ラブホ業者からは「生きるか死ぬかというこの緊急時に職業差別を持ち込むのか」と怒りの声が上がっている。

「ラブホ業界を潰す気か」マネーの虎が怒った

2月末、ラブホテル業界に衝撃が走った。コロナ禍における経済危機のなか、政府は日本政策金融公庫など公的機関に要請して、旅館業や飲食店を営む事業者に向けて「新型コロナウイルス感染症にかかる衛生環境激変特別貸付」を開始した。ところが、業績の悪化を補填するよう低金利で貸付する制度のはずが、風俗業界はその対象外となったのである。

この〝門前払い〟に、いち早く声を上げたのは、ホテルセーラグループの社長・市東剛さんだ。かつて、起業家を目指す人が各界の実業家に事業資金の協力を求める企画で人気を集めたテレビ番組『¥マネーの虎』(日本テレビ系)。市東さんは実業家として出演した一人だ。

群馬県などで6軒のラブホテルを経営する事業家として、今回の貸与対象からの除外に対して意見表明した。「ラブホはコロナ経済対策対象外!?」と題してブログに綴った動機は、強い憤りだった。


※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.

関連URL:https://blogos.com/article/458662/