みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 23,160件 体験談 278,386件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/08/04 11:13
コロナ禍でも濃厚接触の場へ、「性風俗店」で働く女性の主張と男性客の言い分

風俗店は“超濃厚接触”

 新型コロナウイルスの新規感染者が増加を続ける現在、“夜の街”の代表格としてバッシングされたホストクラブに続いて、性風俗店での感染も報告され始めている。衣服を脱いで性的サービスを伴う業態のため“超・濃密接触”となり、感染リスクがあることは明らかだ。

 札幌では、「おっパブ」と呼ばれる性風俗店を含む21店舗で42名のクラスターが発生した。

 このご時世、そんなリスクを背負いながら働く人、遊びに行く人はどういう理由があるのだろうかーー。

 飲食店のような店内で、上半身をあらわにした女性が接客をしてお触りなどがOKな「おっぱいパブ」で、感染が増えるのは当然と、風俗ライターの所沢ショーイチさん。

「女の子は本数稼いでなんぼの世界で、1回出勤すると10回転はする。唇や乳首にはさまざまな客の唾液がついて、プレーが終われば、せいぜいおしぼりでひとふきする程度。アルコール消毒を繰り返すと、ただれてカサカサになるのでいちいちしない。ほかの客に感染しないわけがありません」

 ある性風俗業界関係者も、次のように言いきる。

「性風俗店はどこも客が半減から3分の1になっている。特におっパブ、抱きキャバ、セクキャバなどは悲惨な状況。多くが休業をしなければいけない状態に陥っている。ほかの性風俗店でも感染情報があまり表に出ないが、かなりあることは間違いない。陽性者が出てことを公にすると、休業をしなければならないし、ますます客足は遠のいて死活問題になります」

 そんな状況で、彼女たちはどう感染予防に気をつけているのだろうか。

 風俗ライターの松本雷太さんは、こう証言する。

「ソープランドでは女の子がキスなどの、粘膜接触をしたがらなくなりましたね。ただ、お客さんの要求を断るわけにはいかないので、女の子としてはシャワーを頻繁にする、うがいをするなどして対処するしかありません」

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.

関連URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/3577dc290416810cfb74f5bfab17327ab4888511