みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 23,160件 体験談 278,386件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/08/07 11:00
コロナと風俗と「貧困女子」〈生きていくため、大学に通うために働かざるをえない“普通”の女性たち〉/中村淳彦――文藝春秋特選記事

女性に性を売る決断をさせるのは生活苦だ。収入減や失業などによって、生きていくためのお金が足りなくなると、女性は水商売、性風俗、売春などで働く。それしか選択肢がないからだ。

 筆者は20年以上、性風俗を中心として女性の貧困を取材している。風俗嬢がどのような女性たちなのかをよく知る立場にある。

 現在の風俗嬢は、昭和や平成前期の時代とはまったく違う、普通の女性だらけとなっている。性を売る彼女たちは妻だったり、お母さんだったり、派遣社員だったり、マジメな女子大生だったり、本当に一般的な女性たちが裸になって働いている。正直、先進国とは思えない異常な現実がある。

 この状況は「非正規雇用の拡大=女性の貧困の拡大=性風俗、売春の志願者増」という図式になっている。風俗好きを公言する岡村の「美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」という発言は、筆者や風俗関係者や風俗客からすれば常識的な事実だ。

 しかし、世間はこの常識を許さなかった。岡村は、4月30日に放送されたオールナイトニッポンで「たくさんの人たち、特に女性のみなさんに不快感を与えたことについて、心から謝罪させていただきます」と謝罪した。


※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.


関連URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/43dfa92f911e8bb01cf393a0841b7af5ed99be4b