みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 23,160件 体験談 278,386件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/08/12 11:03
同性婚を認めたタイで盛り上がる「新たなビジネス」への期待とは

LGBTなど性的少数者に寛容なタイで、同性婚カップルに対し一般の男女の夫婦と同等の権利を認める法案が閣議決定された。アジアでは台湾に続く2カ国・地域目。順調に進めば年内にも議会で可決、成立する見通しだ。当事者らにとっては待ちに待った吉報だが、反響はそれだけにはとどまらない。このチャンスをビジネスにも活用しようという動きが一部で始まっている。日本やタイの事情に詳しい日本人トランスジェンダーに話を聞いた。(バンコク在住ジャーナリスト 小堀晋一)

【この記事の画像を見る】

● 毎年数万人が タイで性別適合手術

 「同性婚が実現すれば、生命保険に加入することだってできる。資産用のマンションを買うことも。タイの結婚式会場に世界中からLGBTが集まってくるかもしれない。苦しむ人々が減るという側面だけではなく、ビジネスへの波及効果もかなり大きい。今こそ活用のチャンスだ」

 性的少数者として素直に喜びながらも千載一遇のビジネスチャンスでもあると訴えるのは、タイで性別適合手術を受け、女性から男性へと戸籍も変更した田中翔さん(仮名)。アパレル関係の店をタイで切り盛りする働き盛りの30代だ。男性になったのはもう10年以上も前。これまで多くのLGBTの悩みにも応じてきた。

 幼いころから性に違和感を覚えて育った田中さんが、性別適合手術を受けるためにタイに来たのは24歳の時だった。水商売の後に就いたタイル工の仕事でためた140万円を握り締め、バンコクの空港に降り立った。

 両乳房はすでに4年前に日本で切除。戸籍名も男性風の名前に変えていた。最後の関門である戸籍欄の女性から男性への性の変更には、生殖器を除去し整形する必要があった。

 当時も今もタイは、世界一の性別適合手術先進国。田中さんがかかった総合病院だけでも毎年万人単位の受診者が門をたたく。それでいて、かかる費用は日本国内の2分の1だ。

 卵巣や子宮の摘出のほか、尿道を延長する手術も含め、入院期間はわずか2週間。タイ国内でさらに2週間の観光をした後に普通に日本に帰った。手術に問題はなく、術後の違和感や薬による副作用などもなかった。

 直ちに家庭裁判所に急行し、戸籍上の性の変更を求めた。2003年成立の「性同一性障害特例法」は施行されて間もなくで、全国でもまだ審判例が少なかったころ。そんな中でも「わずか3分の出頭」(田中さん)で、晴れて男性となった。

● 開業医に頼み込み 乳房を切除

 自分の中で「女であることと戦い続けてきた」。高校の女子寮で、女子の輪の中にいた時の苦痛を今も忘れない。入浴時に自分の裸が他人の目に留まることに強い抵抗感があった。女と思われることが、とにかく嫌でたまらなかった。

 3年次に部活動を引退するとこっそり寮を抜け出し、かねて目指していた夜の風俗街へ。ここで初めてとなる男性ホルモン注射を尻に打つ。原資はバイトでためた全財産の5000円。男として生きたい。性転換を決意する第一歩だった。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.

関連URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/12cf9c198211981bcf585f82ed4efe4366f061b4