みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 23,160件 体験談 278,386件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/08/13 10:42
夜の街で働く人の存在を否定する社会 救済へ国の一律現金給付が急務 上間陽子・琉球大教授

今“夜の街”で働いている人々の存在は「なかったこと」にされている。本来やらなければいけない支援が、なされていない。松山などに休業要請は出されたものの、4月の第1波と違って今回は現金の一律給付はない。現金給付なき自粛要請のもと、もともとカツカツだった生活はいよいよ回せなくなっている。

沖縄の風俗業界はシングルマザーたちで成り立っているが、子育てに関わる手が一つしかないシングル世帯は、子育ての一部を夜間保育や外食といった形態で外注せざるを得ず、自然と支払うお金は増える。単身で親子の生活費を稼ぐことと、子どもが起きている朝と夕方に「お母さん」をすることを両立するために、彼女たちは相対的に時給の単価の高いキャバクラなどを選んだ状況がある。

 受けられるサービスや支援制度がないわけではない。でも、彼女たちには行政的手続きを経て支援やサービスを引き出し暮らしが良くなった、という成功体験があまりに少ない。書類を整理し、他人にどれだけ苦しんでいるかを自己申告しないといけない状況は、それだけでハードルがとても高い。国による「一律現金給付」という形態でなければ支援は間に合わない。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.

関連URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/e90be9b9b16f7eee5517e9b5abe11891986242e8