みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 23,252件 体験談 279,857件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/09/26 11:34
コロナ給付金「性風俗除外は違憲」と事業者が国など提訴 “正規のラブホテル”も苦境に「真面目な人ほど貧乏くじ」

 新型コロナウイルスの影響で収入が減った事業者の事業継続や再起のために給付される「持続化給付金」。その給付金
の対象から除外された事業者がある。「性風俗事業者」だ。

デリバリーヘルスを営む事業者が23日、持続化給付金や家賃支援給付金が性風俗事業者に給付されないのは「法の下の平等に反し、違憲」だとして、国に給付金の支払いなどを求める訴えを起こした。

 適法に事業を行い、きちんと納税していても、性風俗事業者は一律に給付の対象外となっている。国はその理由について、「社会通念上、国民の理解が得られにくい」と説明している。
「今回の性風俗事業者に対する持続化給付金等の除外については、まさにコロナ禍が浮き彫りにした職業差別。社会通念、道徳、国民感情みたいな、非常にあいまいな理由で差別をしていいのか。しっかりと司法は向き合って答えを出すべき」(弁護団・亀石倫子弁護士)

 性風俗事業者はこれまで、災害時でも公的資金による支援や補助制度の対象外となってきた。今回の“セックスワークにも給付金を”訴訟では、風俗営業に対する職業差別の歴史を断ち切るとして、訴訟費用などのためのクラウドファンディングを立ち上げた。現在、450万円以上の支援金が集まっている。

「今回の性風俗事業者に対する持続化給付金等の除外については、まさにコロナ禍が浮き彫りにした職業差別。社会通念、道徳、国民感情みたいな、非常にあいまいな理由で差別をしていいのか。しっかりと司法は向き合って答えを出すべき」(弁護団・亀石倫子弁護士)

 性風俗事業者はこれまで、災害時でも公的資金による支援や補助制度の対象外となってきた。今回の“セックスワークにも給付金を”訴訟では、風俗営業に対する職業差別の歴史を断ち切るとして、訴訟費用などのためのクラウドファンディングを立ち上げた。現在、450万円以上の支援金が集まっている。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.



関連URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/5c1d7337e4b1091766415e082c4e04f6f6e54eed