みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 23,252件 体験談 279,914件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/10/12 11:11
「面接した女のコは6000人、うち800人は…」筆者も驚いた“郡山の風俗王”が生み出した革新的サービスとは?

「福島初の韓国エステをやれ」“郡山の風俗王”は「夜の街」で何を学んだか?《繁忙期は1日200人》 から続く

“夜の店”が人口比率で日本一と言われた東北有数の繁華街、福島県郡山市。この街に“郡山の風俗王”と呼ばれた一人の男がいた。男は最盛期には36店舗を擁す「風俗店グループ」を築きあげたが、コロナ禍のいま古びた雑居ビルの一室でピンサロ1軒だけを細々と営んでいる。

 彼の波乱の半生を、ベストセラー『 売春島「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ 』の著者、高木瑞穂氏が紐解いていく。(全2回の2回目。 前編 を読む)



◆◆◆
「法律の範囲内でアイデア勝負すれば問題ない」

“郡山の風俗王”と呼ばれた伝説の風俗店経営者、伊藤守。1996年、彼が46歳にして、はじめて風俗の道に入ったのは、コンパニオン会社を手放し無収入だったところを福島市内のピンサロの社長に拾われたのがきっかけだった。

 社長の指示の下、福島初の韓国エステ店を任され成功を収めるが、警察の摘発が間近に迫り、たった3ヶ月で店を畳まざるを得なかったことは、 前編 で紹介した。

 意気消沈して地元・郡山に戻った伊藤だったが、まもなくコンパニオン業時代の従業員と2度目の結婚。妻の援助を受けて、日本人女性を雇ったエステを始める。いよいよ郡山での性風俗事業をスタートさせたのだ。

 韓国エステでのノウハウを生かし、今度は伊藤とは別に名義人を立てた。加えてマッサージの先生も置いて健全店に偽装するなどそれなりの口実も用意した。

 それでもヌキがある以上、違法店に違いはない。結果、半年後、伊藤は風営法違反(無許可営業)の容疑でパクられた。

「オープンして2週間後、誰かがチクって一度、警察が『やめろ!』って乗り込んできたことがあったの。私は業界のことに疎く、手コキなんてどこもやってるもんだと思ってたから、その警告を無視して一旦はヤメたふりをしてまた看板替えて始めたんです。

 ところが甘くなかった。30万の罰金刑で20日間拘留された。警察や検察で取り調べを受けるなか、そこで初めて風営法が何たるかを学びました。なぜ手コキのエステはダメで、より過激な口でのサービスがあるピンサロが堂々と営業を続けられているのか。法律の範囲内でアイデア勝負すれば問題ないことが身に沁みて分かりました」

デリヘルはあっという間に10店舗、20店舗に

 逮捕で風営法の本音と建前を理解した伊藤は、さらに自信を深め、知人から寂れたスナックのテコ入れを頼まれ「ピンサロ」に鞍替えし大繁盛させたことを皮切りにキャバクラ、水着パブ、メイドパブ、デリヘルなどを次々に立ち上げる。

 なかでもデリヘルは大成功を収めた。

 時は新風営法が施行された直後のデリヘル元年(1999年)。郡山で初だった物珍しさも手伝い、10年後には30店舗まで膨れ上がったのだ。

「韓国エステ時代にステ看を出したけど警察から条例違反を指摘され取り下げたことがありました。なら正式な看板ならいいかと思い、街の『タクシー乗務員募集』の横にデリヘルの看板を出したんです。すると面白いように客が来た。

 看板を1本出すと、日に10本の電話が鳴る。3本出せば、毎日30本。もうウハウハでした。でも、それも長くは続きませんでした。しばらくして警察から風営法違反をタテに看板を降ろすよう指摘されたんです。仕方がないからゲリラ的に電柱にピンクチラシを貼る、いわゆる電貼りに切り替えたら、それもダメだと言われた」

 八方塞がりだった伊藤は、インターネットの風俗情報サイトに広告を出すのと同時に、自らも風俗店のポータルサイトを作ることを思いつく。取り急ぎ自身が経営するデリヘル・キャバクラ・ピンサロ・メイドパブなどを集めてサイトで告知した。まだ「爆サイ」(日本最大級のローカルコミュニティ掲示板)が無かった時代だ。いかに先見の明があったかが窺い知れよう。

「デリヘルはあっという間に10店舗、20店舗になりました。多いときは年に5店舗のペースでバタバタバタって出店しましたから。最盛期は30店舗になってましたね。もちろん全て郡山です」
筆者も驚いた革新的レンタルルームの中身

 3年後の2002年、次に伊藤は、街中で合法的にデリヘルの告知をするために風俗案内所を、デリヘル嬢を呼ぶホテル需要を見込んでレンタルルームを、それぞれ同時期に郡山で初めて仕掛ける。特に部屋がイメクラ(イメージクラブ)風に設えられたレンタルルームは爆発的にヒットし、その存在は郡山を超えて全国の好事家が知ることとなった。

 かつて郡山を訪れた際、偶然にも伊藤が経営するレンタルルームを利用し、その斬新さにすっかり魅了された僕は、その体験ルポを複数の実話誌に書きなぐったものだ。伊藤のアイデアは、風俗取材に慣れた僕を驚かせるほど革新的だったのだ。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい.



関連URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/c204b5f2e3300e27cc29b9bb3601333ce23047c9?page=2