みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 23,770件 体験談 282,833件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2020/12/01 10:48
コロナで休業支援金 「接待」の線引きどこに? 店困惑 札幌

■支給条件複雑 仲間と情報交換

新型コロナウイルス感染対策の集中期間延長に伴い、休業や営業時間の短縮要請に応じた札幌市内の飲食店に道や市が支払う協力支援金について、飲食店からの問い合わせが市に殺到している。「休業で1店舗60万円」「営業時間短縮で30万円」といった「線引き」が複雑なためだ。道や札幌市などが使う「接待を伴う飲食店」の定義の分かりづらさも店側の困惑に拍車をかけている。

「協力支援金の額が少ない上に、自分の店が対象になるのか、分かりにくい」。都心部で複数の居酒屋を経営する男性(45)は困惑する。支給条件が複雑で、飲食店の経営者仲間と情報交換しているという。

 道と札幌市が集中対策期間延長に伴う協力支援金の支給を発表した翌日の11月27日、市の専用電話窓口はつながりにくい状況に。市によると30日までの4日間の問い合わせ件数は計1081件に達した。
■そもそも「接待」とは何を指す?

 問い合わせの5割強を占めているのが支給条件に関することだ。道と札幌市は、休業要請に応じた市内全域の「接待を伴う飲食店」には1店当たり60万円を支給。午後10時以降の営業や酒類提供を自粛するススキノの飲食店などには、1店当たり30万円を支払うとしているが、「自分の店は60万円か、30万円か」について迷う経営者は多いという。

 一方、30万円を支給されるには《1》市が定めたススキノ地区に店舗がある《2》酒類を提供していること―が条件となる。風俗営業許可証のあるススキノ地区の接待を伴う飲食店が休業に応じず、代わりに午後10時以降の営業自粛などをしても30万円を受け取ることはできない。

 そもそも、「接待を伴う飲食店」の「接待」とは何を指すのかという問い合わせも多い。

 市の関係者は「風俗営業許可証がないにもかかわらず、自身の経営する店が『接待を伴う飲食店』だと勘違いして休業してしまうケースがあるのではないか。トラブルがなければいいのだが…」と危惧する。(五十嵐俊介)

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい

関連URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/2605487ca5219ee8272d3358d2a5734eb7575d2c