みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 24,137件 体験談 287,279件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2021/01/20 11:30
6万円の協力金もらい隠れ営業…緊急事態宣言下でも「変わらない」歌舞伎町の姿


記事

國友公司
2021年01月20日 10:30

6万円の協力金もらい隠れ営業…緊急事態宣言下でも「変わらない」歌舞伎町の姿

1月7日、菅総理大臣は東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言を発出した。その後、7都道府県も対象に追加され、日本では新型コロナウイルス感染拡大の第3波が本格化しているが、これまで槍玉に挙げられて続けていた日本最大の歓楽街・歌舞伎町は現在どのような様子なのか。在住者の目線から、リポートする。
歌舞伎町で“隠れ営業”など防げるわけがない?

現在、午後8時までの営業時間短縮要請に応じた飲食店に対する協力金は、1日6万円となっている。それに伴い、小規模な店舗に関して言えば、歌舞伎町でも要請に従い協力金を受け取る飲食店が増えた印象だ。なぜかと言えば、1日の売り上げが6万円に満たない店であれば、従うに決まっているからだ。

また別の日の23時、歌舞伎町の奥まった場所の地下にあるバーを訪れると、ドアには、「2月7日まで完全休業!」と張り紙がされていたが、中から話し声が聞こえた。ノックをすると、店主が顔を出し、「いらっしゃいませ」と店内に通してくれた。こんなことは調べなくとも予想はつくが、1日6万円をきっちりと受け取りつつ、夜更けまでしっかりと営業している店など大量にある。

では、こういった小規模の店はこの緊急事態宣言においてどのくらいの得をしているのだろうか。オープン準備中(2月から営業開始)のバーの店主に話を聞いた。店は歌舞伎町の中心、ホストクラブが多く入るビルの3階にあり、20人ほど客が入る広さである。


記事

國友公司
2021年01月20日 10:30

6万円の協力金もらい隠れ営業…緊急事態宣言下でも「変わらない」歌舞伎町の姿

1月7日、菅総理大臣は東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言を発出した。その後、7都道府県も対象に追加され、日本では新型コロナウイルス感染拡大の第3波が本格化しているが、これまで槍玉に挙げられて続けていた日本最大の歓楽街・歌舞伎町は現在どのような様子なのか。在住者の目線から、リポートする。
歌舞伎町で“隠れ営業”など防げるわけがない?

現在、午後8時までの営業時間短縮要請に応じた飲食店に対する協力金は、1日6万円となっている。それに伴い、小規模な店舗に関して言えば、歌舞伎町でも要請に従い協力金を受け取る飲食店が増えた印象だ。なぜかと言えば、1日の売り上げが6万円に満たない店であれば、従うに決まっているからだ。

毎日の売上より保障額が上まわりましたので時短します!! 1/8~2/7 16~20時

と、堂々と看板に掲げる飲食店も見られる。しかし歌舞伎町には数えきれないほどの飲食店がある。そのすべてを行政が管理するなど不可能な話だ。筆者は1月9日、知人の週刊誌記者と歌舞伎町にある「肉バル」の店を訪れた。19時に退店する際、店主に、「今日は20時で閉店ですか?」と尋ねると首を縦に頷いていたが、常連だという同記者が後でこっそりと教えてくれた。

20時になるとシャッターは閉まっているけど、常連たちは自分でシャッターを開けて中に入るんだ。1回目の緊急事態宣言でも同じだったよ。

國友公司

また別の日の23時、歌舞伎町の奥まった場所の地下にあるバーを訪れると、ドアには、「2月7日まで完全休業!」と張り紙がされていたが、中から話し声が聞こえた。ノックをすると、店主が顔を出し、「いらっしゃいませ」と店内に通してくれた。こんなことは調べなくとも予想はつくが、1日6万円をきっちりと受け取りつつ、夜更けまでしっかりと営業している店など大量にある。

では、こういった小規模の店はこの緊急事態宣言においてどのくらいの得をしているのだろうか。オープン準備中(2月から営業開始)のバーの店主に話を聞いた。店は歌舞伎町の中心、ホストクラブが多く入るビルの3階にあり、20人ほど客が入る広さである。

歌舞伎町にテナントを借りた理由は、単純に安いからです。飯田橋などオフィス街も考えましたが、こっちのほうが断然安い。家賃は月に25万円ですね。協力金は12月から営業している実績がないと受け取れないのでうちはもらえませんが……、これ、もらえたらすごいですよね。

営業時間の短縮要請は2月7日まで。全期間要請に応じた場合、合計で186万円にもなる。規模の大きな店舗においては1日6万円では到底足りないが、このように時短要請のおかげで儲かっている店もある。しかし、そういった店舗を攻撃するのはまったくの筋違いだ。1日6万円を受け取れるのは限られた期間であり、2月8日以降はどうなるかなど保障されていない。状況が厳しいときは同情され、手厚い保障をもらえば「ウハウハだ」と指をさされる。当事者にとっては、たまったものではないだろう。
“ホス狂い”は何をしてでもホストクラブに来る

歌舞伎町は1丁目と2丁目とで、大きく街の性格が変わる。1丁目はチェーンの飲食店が多く、2丁目には小規模なバーとホストクラブが立ち並ぶ。1丁目を歩くと人出はかなり少なく感じるが、2丁目は現在もホストに風俗嬢、スカウトや客引き(ホストクラブの客引きが多い)たちが行き交っている。とくにホストクラブに関しては好調のようだ。ホストクラブの業界では、「客の8~9割は風俗嬢」と言われるが、歌舞伎町の風俗案内所の男性はこう話す。


※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい

関連URL:https://blogos.com/article/511108/