みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

首都圏風俗情報|風俗体験談まとめサイト 業界最多級 掲載店舗 24,137件 体験談 287,380件!

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

2021/01/24 17:16
いつか迎える本番のために…「女性間風俗」を利用する客の悩み

対話を中心とした風俗店

27歳の筆者は、都内で女性向け性風俗店を経営している。一般に「風俗」の使われ方は性欲解消以外の何ものでもないと考えられているが、少なくとも当店を予約する女性の動機は多岐にわたっている。

私の店、対話型レズ風俗リリーヴは、女性客の元へ女性キャストが派遣される風俗店だ。

「“レズ”風俗」という呼称は、この業態が生まれた10年ほど前につけられた、女性間風俗の俗称である。SNSを中心に話題となったエッセイ漫画によって、「女性も安心して利用できそうな風俗」というイメージで周知され、「未知の世界だった風俗を見てみたい」「漫画の著者のように癒されたい」と注目を集めた。

一方で“レズ”という語は、女性同士の関係を(自認・自称する人々の意思を無視して)ポルノとして消費するときに使用したり、差別対象として吐き捨てるように呼ばれたりなど、蔑称としての歴史がある。
加えて、そもそもレズビアン自認の女性だけがいわゆる”レズ"風俗を利用・労働している業態ではないことからも、その俗称は誤った期待・認識をもたらしており、周知とともに新しい名称を求める声が高まっている。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい

関連URL:https://news.livedoor.com/article/detail/19566637/