みんなの体験談を参考により良い風俗ライフを!

【風俗ニュース】夏休みになると「援デリ」の面接ラッシュとなる 業者が語るもっとも重要な“採用基準”とは 風俗体験談口コミまとめ│みんなの風俗体験男

突撃!風俗業界・アダルトニュースまとめ

NEW 2021/07/22 13:15
夏休みになると「援デリ」の面接ラッシュとなる 業者が語るもっとも重要な“採用基準”とは

またこの季節がやってきた。7月半ばから9月までは、未成年を扱う管理売春業「援デリ」において、最大の繁忙期となる。理由は想像に易い。この時期、学校が夏休みとなることを機会に家出生活と出稼ぎ的な売春を目指す少女が増加し、それに対する面接ラッシュ、さらに書き入れに応じた新規部隊の立ち上げが相次ぐ時期だからだ。

面接での採用基準や条件交渉は「素行」

 僕自身、かつて管理売春の現場ルポに注力した頃には、例年7月末が取材のピークだった。脳裏によみがえるのは、エアコンの冷気と煙草の煙に満ちた昭和ムードの喫茶店(面接会場)に漂う、火薬が焦げたようにピリピリした空気だ。

 業者にとって、昨日今日のタイミングで家出してきた少女を管理売春の場に雇用すべく面接するというのは、面接そのものがリスキーな行為。補導員や警察の生活安全課の目もあるし、親が捜索願を出しているリスクもある。だからだろうか、新人面接を重ねる業者に対し、その採用基準や交渉条件について尋ねた際に決まって返ってくるのは「素行だね」だった。容姿でもない、経験でもない、素行なのだ。

※詳細は下記引用元サイトをご覧下さい。

関連URL:https://news.livedoor.com/article/detail/20569077/